タバコと密告

ちょいと前の話になりますが・・

e0048888_2503158.jpg
今年(2009年)の1月11日(何故かぞろ目)より、台湾全土での「禁煙新法」が施行されました。
施行後に台湾にいらした皆様はご存知かと思いますが、そりゃーまぁ厳しい限り。
基本的にあらゆる「室内」はすべて禁煙。  分煙ではなく禁煙です。
そのため、ホテルの入り口などで、さびしぃ蛍族となっている方もよく目にします(笑

一見「近代国家」風の法律ですが・・・・

→ 台湾の煙草のパッケージ。 必ず「煙草を吸ったらこんなに怖いことが起こるぞー」な写真を入れなければなりません。





みりん風はみりんでないのと同じで、この法令も「???」という内容のてんこもり。

e0048888_39235.jpg ← 喫煙者は心臓の血管の疾病になりますぞぉぉーー

例えば喫茶店。
室内&歩きたばこは禁止ですが、オープンテラス的な席がある喫茶店の「空間」自体は喫煙OKな処もあります。
が、「すべての店は灰皿を用意してはならない」(用意したら罰金)という項目があるため、空間としては喫煙OKだけど、店として灰皿をおいちゃならんので、どうするか?
「あー、その辺にこそっと吸いがら落してください」ってなことがよくあります。
で、吸いがらちゃんと掃除するか?というと、100%ではない。  んー、、これって??

中でも一番怖いのが密告制度
「あの店ではこっそり喫煙させてますぜ」という密告をし、検挙につながった場合は罰金の何パーセントかが密告者に報奨金として与えられるってしろもの。

e0048888_3111021.jpg ← そのうえ、EDにもなっちゃいますったらー

周り中に「み・み・・密告制度ですぜぇぇぇ」と騒いだのですが、「あ、そうだね」的反応だったのがなおさら怖い。
この法律の一番のポイントだと思うんですけど・・?

禁煙の流れはもう世界的なものだとしても密告ってーのはいかがなもんかと

この感覚の麻痺具合というか、怒りのベクトルの違いが今日のカオスの一因にもなっとるんではなかろうか?と感じるのは思い込みでしょうか?
[PR]
by HANNIEW | 2009-08-20 02:34 | 台北の街角から


本屋稼業の色々や、台北の徒然をポチポチと


by HANNIEW

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ご挨拶

台湾の美術書店です。 台北の片隅で日々本に囲まれ10年以上。 ぽつぽつですが思いついたことなどを書いてゆきたいと。
本家汗牛HPも御贔屓に!
www.hanniew.com


以前の記事

2009年 08月
2008年 06月
2008年 01月
more...

カテゴリ

全体
台北の街角から
出版やら本屋やら
未分類

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧