「自己人」の罠

・・・え~、、長らくの放置プレイ、すみませんでした

と、気を取り直して(立ち直り早い!)

台湾でも中国でも良く耳にする「自己人
これが曲者。



 日本語だと「身内」って感じでしょうか。

 家族や親類などの血縁関係者はもちろんの事、「身内同様に付き合っている人」というのも「自己人」の内。

 台北などの都会では随分薄れてきましたが、まだまだ相互扶助機能が働いている台湾社会で、「知り合いである」「身内同様」ってのは、何かと便利なのは確か。
 ちょっとしたサービスがあったり、待たなきゃいけない長い列を飛びこしたり、本来無理だと言われた事がなんとなーく通ってしまったり。 時には法さえぐいっと曲がります。

 いや、私は「自己人」カードは切りません、面倒ですから。 ま、元々べったりキャラではないので、15年経ってもなじまないヘンテコな人として胸を張って生きてゆく所存であります。

 もちろん「自己人」として心温まるケアーもあります。 ちょい昔の日本のような。 いわゆる親身ってやつです。

 しかーし!「身内なんだから当然だよな」という無理くりな要求やら頼みごと多いのも確か。
 親しき仲には礼儀なし!
 こんな事もあんな事も「自己人」だから やってくれるよね!うふっつ! が発動されるとやっかいです。
 相手は、もう絶対要求が通ると信じてますので、断ると大変。 逆切れというよりは、自己人ルールに反する反社会的分子扱いです。
 この身内ルール、華人社会ではいたる所で発動。 儒教の影響も大きいかと思われます。
 何だかんだで結局自分の手足を縛ることになるんですが・・

 あ、類義語として「朋友」(友人)ってのもあります。

 ま、冒頭に「わしらって自己人だよね?」やら「ねーねーうちら友だちだよねー♪」などから始まる会話にはご注意くだされ

 どうやって無理難題をしりぞけるか、そのノウハウは? という点は、、うーん、、人それぞれですので、まずは色々試してみて、ご自分に合った方法を見つけるしかないかと。

 私は、「いきなりわけの分からない話題を始める」という最終兵器を使っております
 これは、、あまりお勧めいたしません。 「ものすごく変な人」という看板がもれなくついてまいります。
 
[PR]
by HANNIEW | 2007-12-01 03:22 | 台北の街角から


本屋稼業の色々や、台北の徒然をポチポチと


by HANNIEW

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ご挨拶

台湾の美術書店です。 台北の片隅で日々本に囲まれ10年以上。 ぽつぽつですが思いついたことなどを書いてゆきたいと。
本家汗牛HPも御贔屓に!
www.hanniew.com


以前の記事

2009年 08月
2008年 06月
2008年 01月
more...

カテゴリ

全体
台北の街角から
出版やら本屋やら
未分類

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧