茶芸は気取らず、生活の中で(2001.3)

e0048888_5183737.jpg 最近日本でも、茶芸(老人茶、功夫茶)のお店が増えているようです。小さな急須と湯飲みでおいしいお茶をいただくのは、目にも楽しく、また、おやつなんぞをつまむめば、気持ちもゆったりするものです。中国大陸ではこのような習慣はほとんど壊滅してしまっていたのですが、ここ何年か台湾人が投資した立派な茶芸館もできてきた様子。
 何事も、形式を重んじる日本とは違い、一応のお作法はありますが自由に楽しめるのが中国式茶芸の楽しみの一つですね。こちらでは、各家庭に必ず1組は簡単な茶芸のセットを備え、ごくごく気楽にお茶を楽しんでいます。(ちょっと後片付けなどが面倒なのでほとんどお茶を飲まない家庭もありますが。)
 この写真は、工事現場の横です。工事のおじさんたちが休憩用にとごく簡単なお茶のセットを使っています。もちろん、場所が場所ですから立派な急須ではなく、ほんとうにありあわせの道具を使っていますが、こんな風に普通にお茶を楽しむというのも、こちらならではでしょか?

[PR]
# by HANNIEW | 2001-03-01 00:00 | 台北の街角から


本屋稼業の色々や、台北の徒然をポチポチと


by HANNIEW

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ご挨拶

台湾の美術書店です。 台北の片隅で日々本に囲まれ10年以上。 ぽつぽつですが思いついたことなどを書いてゆきたいと。
本家汗牛HPも御贔屓に!
www.hanniew.com


以前の記事

2009年 08月
2008年 06月
2008年 01月
more...

カテゴリ

全体
台北の街角から
出版やら本屋やら
未分類

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧