所変われば~② 塩分控えめ 2006年6月18日

「お女中、どうなされた!?」
「持病の癪が・・・」
の、時代より日本人は腹痛や胃痛に悩まされており、塩分の取りすぎも胃腸病の一因といわれております。

この「塩辛さ」、どうやら台湾の人には一番苦手な味のようで、「日本のラーメンがまずかった!」やら、「ホテルで出た味噌汁、食べれたもんじゃなかった」等々をよくよく聞いてみると、どうやらしょっぱすぎるとの事。
日本でも随分と浸透しつつある台湾料理ですが、確かに塩辛いものはほとんどありません。





人生やら物事の紆余曲折、よしあしなどを表す言葉でもある4つの味覚「酸辣苦甜」にも塩関連は入っておりません。(酸=すっぱい、辣=辛い、苦=苦い、甜=甘い)
あ、もちろん「塩加減」にあたる言葉はちゃんとあり=鹹淡=、漢方の世界では前述の4つの味覚とともに「5味」と呼称されるようです。

かように塩分控えめではありますが、油はてんこ盛りですので、胃腸の弱い方は油あたりでちゃんと胃痛にもなりますし、頑強な方はあっつ!というまに福福しさ全開となります。

野菜炒めでも、スープでも、「あぁ、塩を一振りしたらいい塩梅なのに・・」と感じる事も多々あり、店に「MY塩」を常備して、「胃がんになるぞー」やら「血管切れるぞー」との脅しアドバイスをありがたく聞きながら「今日も一振り♪」 3時のおやつは紀州の梅干(塩分控えめ)でございます。
[PR]
by HANNIEW | 2006-06-18 02:23 | 台北の街角から


本屋稼業の色々や、台北の徒然をポチポチと


by HANNIEW

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ご挨拶

台湾の美術書店です。 台北の片隅で日々本に囲まれ10年以上。 ぽつぽつですが思いついたことなどを書いてゆきたいと。
本家汗牛HPも御贔屓に!
www.hanniew.com


以前の記事

2009年 08月
2008年 06月
2008年 01月
more...

カテゴリ

全体
台北の街角から
出版やら本屋やら
未分類

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧