「極楽台湾」―何でも売ればいいってもんじゃ、、(2002.1)

 さて今回は少々固いお話を。先月日本でも報道されましたが、「極楽台湾」という台湾の性風俗店サービス紹介雑誌が日本の出版社より出版され、台湾の日系書店が販売し、痛烈な批判を浴びていたのはご存知でしょうか?
 騒ぎの最中に日本の観光客が(それも元警官、、)売春の現行犯で逮捕されたり、出版社がわびを入れたり、台北市長が激怒の記者会見を開いたりと色々ありました。
 販売していた日系書店の担当者が書類送検されたときに言った言い訳が、本屋の私にはなんとも情けなく、腹立たしく、、、。

言い訳その1: 「日本ではこの程度の内容はオッケーなのに、、
 オイオイ、ここは台湾だし、、。日本の様々な文化を広げる窓口の役目も担っているはずの本屋がその国の事情も把握していないなんて、、情けなくありませんか?「うちの国ではマリファナオッケーだし」って理由で、東京で大麻売っぱらってもいいんでしょうか??

言い訳その2: 「<台湾>ってタイトルがついてる本は内容見ないで入荷するもんで、、」
 えっつ?!お店に並べる前に内容見ないんですか??そんなもんをお客さんに勧めてしまって、その上、御代までいただいてしまう??うーん、、、。

 ま、異国で御用になってしまい、気が動転し、訳のわからないことを口走ってしまったのだろう、、と思いたいのですが、、哀しい、、、
 いっくら不景気だとは言え、何でも売ればいいってもんじゃーないよ!と、小さな本屋の私は大きな声をあげるのでした。

[PR]
by HANNIEW | 2002-01-01 00:00 | 出版やら本屋やら


本屋稼業の色々や、台北の徒然をポチポチと


by HANNIEW

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ご挨拶

台湾の美術書店です。 台北の片隅で日々本に囲まれ10年以上。 ぽつぽつですが思いついたことなどを書いてゆきたいと。
本家汗牛HPも御贔屓に!
www.hanniew.com


以前の記事

2009年 08月
2008年 06月
2008年 01月
more...

カテゴリ

全体
台北の街角から
出版やら本屋やら
未分類

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧